夢と野望を実現する三人娘のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幸せって なんだ?

あきちゃん、大変だったみたいだねー (下記事みたよ)
子どもって、急に病気になるもんだ・・ わかるわかる。
バンソーコー貼って えいやっ! で送りだせればいいんだけど、体調が悪いときにはそうもいかず。
仕方ない、つきっきりになるよね。
しかしこれも今だけ今だけ。もう少しの辛抱だよ~


一方、着々とお店の準備を進めているよしこちゃん。
世間ではなかなか回復しない景気に、輸出系製造業中心に落ち込み激しく。。

しかし、そんな中でも、新しいことに向かって驀進している姿はピンク色のオーラ出まくりだよ
色々悩むことも多いけど、いつでも愚痴も聞くからね。もちろん、夢の計画に向けての話も、ね

         

私さ、こいけっちが私の上司になったとき、なんか異色な人が来たぞ、と思ってね。
まずは彼の考え方を知りたくて「お勧めの本ありますか?」って尋ねたのね。
そしたら 「まずコレ!」 って、貸し出された。
それが ビジョナリー・カンパニー2 。 

この本の原題は Good to Great 、つまり、Good(良い)な会社から、Great(スゴイ)な会社へ、って意味らしく、Greatへの飛躍の法則がデータと共に書き込まれている本でした。

これ読んでね、こいけっちの考えが少なくとも半分くらいは分かった気がしたんだ。
そうか 仕事だけじゃなくて、人生はこんなふうにして Great にしていくんだ!ってね。


やみくもな楽観主義ではなく

無計画な暴走ではなく

けちけちため込むばかりでもなく

自分の得意なことに執着しつつ・・・


・・・うーん、うまく言えんな。。 次回こいけっちに語ってもらおう。


人生って色んなことがあるけど、大波小波乗り越えながら、一歩一歩進むしかないけれど
一番大事なことは、「自分が夢見る最終形を絶対に忘れないこと」じゃないかなー

さて、私たちのそれぞれ目指す 最終形 って何だろう。

仕事?子供?恋愛? そんな各論じゃない、なにかもっと大きな大きな幸せの最終イメージって・・・


ハイ! まなからは、それを次回のミーティング議題に提案します!





PageTop

先週は中耳炎、今週は嘔吐下痢

よしこちゃん、まなちゃん、こんばんは

今週は1日出勤して、1日休んでの繰返しで、3日しか出勤してませ~ん

上司に「最近、子供さんは病気しなくなってね」って言われたばかりでね、、
調子に乗って、色々喋っちゃたよ(笑)


来週は、よしこちゃん!
ランチしようね
パンフの完成品も見せてもらおう~

寂しいけど、寂しいなんて言わないで、よしこちゃんのお店開店への準備するぞ!
(あきの出番はないのに、、
パンフもできて、食器も揃ってきて、予約も着々と入ってきてる。
あっちゃんも今日、「お店へ行くからね」って言ってたしね

kボス&まなちゃんともお店行くし、
うちの家族でも行くし、あっちゃんとも行くし、うふふっ、
いっぱい食べて、そして料理の作り方も教えてよ
お店に並ぶ料理はできないだろうから、まずは「クリームコロッケ」
あっ、教えてもらったクリームコロッケのレシピ、ちゃんと作成してなかった、、
頭の中に入ってるだけだ・・・。
まーとりあえず、やってみるかなぁ~
味見も計量カップというものも、よしこちゃんに教わったからね

PageTop

世間は祝日

まなちゃん、あきちゃん、おっはよ~~
今日は祝日・・・しかし・・仕事だ
な~んか、みんなお休みなのにって思うと仕事に行きたくない。
そうじゃない? ・・と、ぼやいていても時間がたつだけだ・・

この気分・・実は・・ おめでたい事なんだけど、ここ2~3日で結婚とかってお祝い事の報告が立て続け・・・  み~んな幸せいっぱいに楽しそうに話してくる・・
結婚式の衣装はこれにするとか・・ある子は子供もできたとか・・
もう一人は、予定より結婚が早くなり幸せ色満開・・
私の友人の幸せは心から嬉しい・・それは事実・・ 温かい気分になる・・
けど・・ 心のどこかに・・「いいな」って文字が・・うらやましいって嫉妬している自分がいたりして。
そんな気分になる自分がいやでイライラする・・
嫉妬・・いや言葉・・  自分だって幸せ感じることあるはずなのに。
人の幸せがうらやましくなってしまう。
いかんな~~~ いかん、いかん!
私だって幸せになってやる~~~~~  おっと、そんなこと言ってる場合じゃないな・・
今は来月からのこと考えなきゃ  笑

さてと、ぼやいてないで仕事いこ~~~



PageTop

試食会

今日は朝からお天気もよく、気分のりのり

とはいいながらも、どんな感想言われるのだろう・・・ ちょっぴり不安・・
そう、本日は来月OPEN予定のランチショップの試食会~~~
母のお店のパートさん3名様・・
なにせ食べること大好きな皆様&実際母のお店で働いてる皆様・・・
手厳し~~ご意見が~~ 出るに違いない
でも、それも勉強!だよな!  今日はめいいっぱい楽しむぞ~^^と気分を切り替え

いざ、厨房に立って自分がメインに料理する・・
なんだかやっぱり緊張するな・・  何から手をつけよう・・
いつも「あれどこいった?」・・いざという時に物がない・・とりあえずそれだけ避けよう。
気分を落ち着かせ、ひとつひとつ材料そろえひと段落で、テーブルセッティング・・
思っていたよりテーブルが小さい
母と相談しながら、一応形に・・  

お約束の12時、皆様到着・・
サラダを出し、プレート料理にとりかかる・・ ソース数種も用意してたし
順調・・順調・・ ちょっと盛りつけに不満がありつつ ← たぶん自分しか気にならない
運んだ・・ 彼女たちの第一声は・・
「かわいい~~~きれい」 ちょっとひと安心・・
けれどそれにかまっていられず、次のパスタへ・・
ここでやってしまった~飾り付けの水菜が切ってない~~
そこはさすが毎日やってらっしゃる強い味方!さっさと用意してくれて完成!
パスタを出してくれた時に戻ってきたプレート料理はきれいになくなってる
さて次はデザート・・ 昨日は一度ゼリーを失敗し2度目の作品・・なんとかなってるはずだが・・
盛りつけはOK! あっ、ミントの葉買うの忘れてた・・ まっ、とりあえずいいか・・
これもちょっと気になったから自ら運んだ。
「すごい、おいしそう・・きれい・・
よ~し、見た目は大丈夫らしい

あたしの考え、料理は食べるのはしかり目で楽しむもの・・
だから目でも楽しめるものを作りたい!季節を感じてもらったり、お客様のひとつの話題に
なれたり・・ だから、その言葉は第一段階一応クリアってこと!

さて、すべてをお出し終えて総評・・・・


「OK~~~」 美味しかったしボリューム満点!お腹いっぱい!
あれは春をイメージしたプレートだよね・・ってことは季節が変わればいろんなの見れる?

・・そう、それ・・わたしのほしかったお言葉!
そう、お客さまに一枚のプレート料理で季節を感じて楽しんでもらいたいのよ!!

ってことで、開店OKいただきました~~~ 
多少のダメ出しは改善可能だし、がんばるぞ~~~  

まなちゃん、あきちゃん・・ そういうことで一応本日は大成功?だったよ~~
あっ、ひとつ言われた!「量が多すぎる」・・やはりお二人と同じご意見~~
ってことで、すこし量は考えます・・ははっ
写真のファイルは時間がなく本日アップ不可能だけど、近々載せるね~

なんだかもっと楽しくなってきちゃった・・ ふふっ。



 

PageTop

地域限定!口コミネットワーク のアイディア

二連続、まなです。こんにちは。

前回はくだらないネタで記事を書いてしまったので、今日は真面目に書きます。
よしこちゃんとあきには、先日の三人ミーティングでちょこっと話したかと思うけど、私の夢の話。

以前から、ていうか娘を産んで以来、いろんな「不便」に気付かされます。

働こうと思っても  →  預け先がない!

子連れでご飯を食べに行こうと思っても  →  気兼ね!

美容院に行きたくても  →  そもそも自分の時間なんてない!

たまにはゆっくりしたい  →  実家が遠くて、手伝ってくれる人がいない!

自分や子どもが病院に行く際も  →  意外に知らない病院情報・・
 等々。


ぜーったい、私と同じようなことを感じてる人、いると思うんだけどな。
子どもを持つ母親仲間として、あきはどう思う?

地元でよーく知っていれば、独自の口コミネットワークを持っているんだろうけど、
働いていたり、地元が離れていたりすると、そういう口コミ情報って入って来にくいんだよね。
だから、そんな希薄な人間関係を補う役目として、最近ではwebだとか、SNSだとか、検索サイトだとか、そういうのが有用な機能を果たしているんだと思うんだけど


さて、じゃあ、そのwebだとか、SNSだとか、検索サーチだとかは私たちのホントに役に立つ情報になっているのか??
問題はそこなんだわ。 

いわば、webの世界は玉石混交。
善意の口コミばかりじゃないし、どこまで信用できるかは怪しいところ。
結局最後は自分の身の回りの人たちに
「ネットでこーいうの見たんだけど、知ってる?」
と確認してからじゃないと使えない。。。


これって、なんでだと思う?



私が思うに、webが完全にオープンシステムだからだと思うのよ。
顔が見えない相手のいうことは信じるに足らない。 でしょ。

いくらデジタルな世の中になっても、人間対人間、これは濃密なアナログ世界。
顔色ひとつを読みながら、人付き合いをしていくのがこの現実世界。



それなら・・
会員を限定すること、それからある程度プロフィールを公開すること、善意で運営されるサイトがあれば??
この考え方でやれば、ある程度「顔の見える口コミ交流」も可能じゃないかなと思うんだけど?


詳しいアイディアについては、リクルー○とかに根こそぎ持っていかれるのを避けるため、ここには書かないよ・・・
ホットペッ○ーが出る前から「クーポン誌」は商売になる!を周囲に力説していたのに財力の問題で実現しなかったまなとしては



野望というより、かねてからの夢に近い思いを実現する一つの形として、そんなことを考えている次第。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。